私たちは、1日のうちに喜んだり、悲しんだり、楽しんだり、怒ったり、様々な感情を抱きます。日常の行動や意思決定が感情によって大きく左右されることから、「人間は感情の動物だ」という人もいます。

感情を大別すると、ポジティブなものとネガティブなものに分かれます。ポジティブな感情は、人と人の調和をもたらし、創造的な活動を後押ししてくれます。活力やエネルギーの源にもなります。

一方で、ネガティブな感情は、後ろ向きの考え方や行動を引き起こしやすく、ストレスの原因になります。負の感情はホルモンにも悪い影響を与えるため、体調不良をもたらすこともあります。

また、たとえポジティブな感情であっても、それをひたすら追い求めると、快楽主義や欲望主義に陥り、人間としての成長を阻害する要因になります。自分の夢やビジョンを実現するうえで、一時的な感情に振り回されることがマイナスになることもあります。どのような感情であれ、それにおぼれることは好ましくないのです。

感情の支配から脱するのに役立つのが、イルチブレインヨガの止感トレーニングです。「止感」(しかん)とは、読んで字のごとく感情を止めることであり、感情の影響からフリーになることで、自分の本当の価値観に基づく行動や選択をとることを目指しています。

止感は、「自分のエネルギーを感じる」ことから始まります。体の中を流れる気エネルギーを感じ、そこに集中することで、感情の呪縛から逃れることができます。まずは、左右の手のひら同士を合わせて、近づけたり、離したりしながら、「気」を感じてみましょう。手の感覚がよみがえれば、ほかの体の部分も気エネルギーを感じやすくなります。

深い瞑想をするには、雑念を取り除き、集中しなければなりませんが、エネルギーを感じる瞬間は自然に集中することができます。この世界のすべてはエネルギーでつながっており、自分の体のエネルギーを感じる瞬間、より大きな次元のエネルギー、宇宙の大生命力と通じるようになります。同時に、眠っていた「体の感覚」がよみがえります。

普段、私たちは自分の内面に起こる考えや感情が自分だと思って暮らしていますが、考えや感情は意識の海に立つ波のようなものです。止感が深まり、心の波が静まると、ようやく私たちは清く明るい本来の姿に出会えます。

エネルギーを感じてゆっくり楽に呼吸する――。それだけでも十分なヒーリングになります。毎日3~5分くらい自分の体と心のヒーリングのための時間を作りましょう。それが止感への大きな一歩になるはずです。

止感トレーニングの方法はこちら↓

生命のリズムを回復しよう!イルチブレインヨガの1日5分の腕立て伏せ<17日目>
<止感トレーニング>

(1)楽な姿勢で座り、両手のひらを胸の前で向かいあわせます。両手がくっつかないうちに、狭めたり広げたりしながら、気のエネルギーを感じます。

(2)慣れてきたら、呼吸と一緒に手を動かしてみます。息を吸いながら手を広げて、息を吐き出しながら手を狭めます。繰り返していくうちに、呼吸とともに手が自ずと動くのを感じることができます。

<丹舞トレーニング>

丹舞は、私たちの体が本来持っている気運に乗って、体を動かすトレーニングです。止感トレーニングを通して感じた気的感覚を増幅させることができます。

丹舞では、気エネルギーの流れにあわせて、宇宙空間を遊泳する一羽の鳥のように手を自由に動かします。気運に身を任せれば、舞踊などを習ったことがなくても、自然に多様な動作が出てきます。