こんにちは。松戸スタジオインストラクターの山下です。
定期的にこのブログを更新していこうと思います。何を書こうか考えた結果、私の会員時代の体験談を何回かに分けて書いていく事に決めました。

私は20歳の時に吃音(吃り)が突然発症しました。
吃音はそれが原因で自殺する人もいる程、深刻化する事がある症状です。

ある日急に声が首元や胸で詰まる様になり、これが何かも分からず慌てたのを覚えています。
気にすれば気にする程、症状は徐々に悪化していきました。

当時大学2年生の私は友人の前でハッキリと発言が出来ない事が恥ずかしく感じ、友達づきあいも段々と疎遠になっていきました。

どもりを隠そうとすればする程、声がつまり頭は真っ白になってしまう自分が嫌になっていきました。

来週以降はイルチブレインヨガに出会い、そこから変化していった私の変化を記していきたいと思います。